2017年8月11日金曜日

『ZERO LATENCY VR』を威力偵察してきました。

本日、カープ、Daisuke、松倉、あさっしー、しろの、Mineの6名からなるSENS小隊で、あべのキューズモールに関西初上陸「SEGA VR AREA ABENO」にて、オーストラリア「ZERO LATENCY VR」社製のチームでゾンビを倒すシューティングゲームアトラクション「ZOMBIE SURVIVAL」を威力偵察、もとい技術調査してきました。黒色塗装された室内は、床面に白色グリッドラインが描かれ、ラダー天井の各コーナーにカメラボッドが配置され、各ボッドには8台程度GigEカメラが360度配置されていました。頭部やマシンガンの位置・姿勢を各2個の発光カラーボールの画像認識で行うようです。社名はZERO LATENCYですが、300ms程度のlatencyを知覚しました。背負型HDM-VRマシンは有線なしの完全独立型で、バッテリー交換式でした。

あべのキューズモールの一角に背負型VRアトラクションゾーンが出現
SENS小隊、出撃準備完了!
バトルスコア

2017年8月10日木曜日

クラウド型IoTウォッチの評価実験

Bluetoothとジャイロセンサ、バイブレータを組み込んだクラウド型IoTウォッチ「funband」の評価実験を佐藤先生が自らされている様子です。カープファンが応援して手を振ると、その動作をジャイロセンサで認識し、Bluetooth-スマホ経由でクラウドに入り、全国のfunband装着者にバイブレーション刺激を与えるという、日本中のカープファンが心理的に一体感を得るシステムです。

2017年8月3日木曜日

1日体験入学 プロジェクションマッピング体験

8/2にシステム科学科知能システム学コースの1日体験入学が開催されました。
午後に各研究室に分かれて実習が行われ、佐藤研ではプロジェクションマッピング体験を実施しました。
参加者の皆さんには、ぬいぐるみを利用した映像作品を作ってもらいました。
M2 浅井が体験入学生に対してプロジェクションマッピングを説明
作品作成の様子

2017年8月1日火曜日

ヒューマンウェアイノベーションプログラム生来訪

7/31にヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムの授業の一環で、ラボローテーションが行われました。
佐藤研究室には、4人のHW生(うち一人留学生)が訪問し、同リーディング生であるM1峯と田辺が佐藤研究室の方針や研究の紹介などを行いました。


2017年7月27日木曜日

2017年度 佐藤研PBL生 発表会

7/20に学部2年次に開講される基礎工学PBLという授業の一環で、佐藤研に配属された7名のPBL生がCMUcamというセンサーを使用したインタラクティブな作品を作成し、佐藤研究室メンバーに発表を行いました。

レーザポインタを利用したお絵かき

ボールを利用した三次元お絵かき

パズル支援ソフト

2017年7月10日月曜日

近畿大学附属新宮高校の生徒さんが見学に来られました。

先日(7/8)、近畿大学附属新宮高校の生徒さんが大阪大学に見学に来られました。
佐藤先生から大阪大学についてのお話があり、その後、佐藤研究室と図書館の見学に行きました。
佐藤先生による大阪大学の紹介

研究室紹介

2017年6月14日水曜日

M1萩野、峯 SCF2017にてポスター発表

M1の萩野と峯が、6/12-13にかけてアメリカのボストンで開催されるSCF2017に参加し、ポスター発表を行いました。
質問に答えるM1萩野
ポスターの説明を行うM1峯 


  • Ryutaro Mine, Daisuke Iwai, Shinsaku Hiura, and Kosuke Sato. 2017. Shape optimization of fabricated transparent layer for pixel density uniformalization in non-planar rear projection. In Proceedings of the 1st Annual ACM Symposium on Computational Fabrication (SCF '17). ACM, New York, NY, USA, Article 16, 2 pages.
  • Kazune Hagino, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato. 2017. Place management of electrodes for embedding capacitive multi-touch sensor on 3D printed surfaces. In Proceedings of the 1st Annual ACM Symposium on Computational Fabrication (SCF '17). ACM, New York, NY, USA, Article 15, 2 pages.
また滞在中に、佐藤研究室博士研究員のParinya Punpongsanonさんにお会いし、ボストンやMITの中を案内していただきました。
CSAILにて