2017年9月14日木曜日

google検索で"osaka sato"と言えば佐藤研

SEOは何もしていませんが、"osaka sato"、"大学 佐藤"、"大阪 佐藤"で検索すると、佐藤研がトップに来るようになりました!
英国google(google.co.uk)検索結果

2017年8月11日金曜日

『ZERO LATENCY VR』を威力偵察してきました。

本日、カープ、Daisuke、松倉、あさっしー、しろの、Mineの6名からなるSENS小隊で、あべのキューズモールに関西初上陸「SEGA VR AREA ABENO」にて、オーストラリア「ZERO LATENCY VR」社製のチームでゾンビを倒すシューティングゲームアトラクション「ZOMBIE SURVIVAL」を威力偵察、もとい技術調査してきました。黒色塗装された室内は、床面に白色グリッドラインが描かれ、ラダー天井の各コーナーにカメラボッドが配置され、各ボッドには8台程度GigEカメラが360度配置されていました。頭部やマシンガンの位置・姿勢を各2個の発光カラーボールの画像認識で行うようです。社名はZERO LATENCYですが、300ms程度のlatencyを知覚しました。背負型HDM-VRマシンは有線なしの完全独立型で、バッテリー交換式でした。

あべのキューズモールの一角に背負型VRアトラクションゾーンが出現
SENS小隊、出撃準備完了!
バトルスコア

2017年8月10日木曜日

クラウド型IoTウォッチの評価実験

Bluetoothとジャイロセンサ、バイブレータを組み込んだクラウド型IoTウォッチ「funband」の評価実験を佐藤先生が自らされている様子です。カープファンが応援して手を振ると、その動作をジャイロセンサで認識し、Bluetooth-スマホ経由でクラウドに入り、全国のfunband装着者にバイブレーション刺激を与えるという、日本中のカープファンが心理的に一体感を得るシステムです。

2017年8月3日木曜日

1日体験入学 プロジェクションマッピング体験

8/2にシステム科学科知能システム学コースの1日体験入学が開催されました。
午後に各研究室に分かれて実習が行われ、佐藤研ではプロジェクションマッピング体験を実施しました。
参加者の皆さんには、ぬいぐるみを利用した映像作品を作ってもらいました。
M2 浅井が体験入学生に対してプロジェクションマッピングを説明
作品作成の様子

2017年8月1日火曜日

ヒューマンウェアイノベーションプログラム生来訪

7/31にヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムの授業の一環で、ラボローテーションが行われました。
佐藤研究室には、4人のHW生(うち一人留学生)が訪問し、同リーディング生であるM1峯と田辺が佐藤研究室の方針や研究の紹介などを行いました。


2017年7月27日木曜日

2017年度 佐藤研PBL生 発表会

7/20に学部2年次に開講される基礎工学PBLという授業の一環で、佐藤研に配属された7名のPBL生がCMUcamというセンサーを使用したインタラクティブな作品を作成し、佐藤研究室メンバーに発表を行いました。

レーザポインタを利用したお絵かき

ボールを利用した三次元お絵かき

パズル支援ソフト

2017年7月10日月曜日

近畿大学附属新宮高校の生徒さんが見学に来られました。

先日(7/8)、近畿大学附属新宮高校の生徒さんが大阪大学に見学に来られました。
佐藤先生から大阪大学についてのお話があり、その後、佐藤研究室と図書館の見学に行きました。
佐藤先生による大阪大学の紹介

研究室紹介

2017年6月14日水曜日

M1萩野、峯 SCF2017にてポスター発表

M1の萩野と峯が、6/12-13にかけてアメリカのボストンで開催されるSCF2017に参加し、ポスター発表を行いました。
質問に答えるM1萩野
ポスターの説明を行うM1峯 


  • Ryutaro Mine, Daisuke Iwai, Shinsaku Hiura, and Kosuke Sato. 2017. Shape optimization of fabricated transparent layer for pixel density uniformalization in non-planar rear projection. In Proceedings of the 1st Annual ACM Symposium on Computational Fabrication (SCF '17). ACM, New York, NY, USA, Article 16, 2 pages.
  • Kazune Hagino, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato. 2017. Place management of electrodes for embedding capacitive multi-touch sensor on 3D printed surfaces. In Proceedings of the 1st Annual ACM Symposium on Computational Fabrication (SCF '17). ACM, New York, NY, USA, Article 15, 2 pages.
また滞在中に、佐藤研究室博士研究員のParinya Punpongsanonさんにお会いし、ボストンやMITの中を案内していただきました。
CSAILにて

2017年6月9日金曜日

Welcome Race 2017

6/1、毎年恒例のインタラクティブ作品コンテスト(Welcome Race)が行われました。
このコンテストは、この春佐藤研に配属されたB4がKinectやLeapMotionなどのセンサーを用いた作品を作り、競い合うイベントです。
コンテスト当日はPBLを受講している2年生を交えてそれぞれの作品を体験しました。

作品一覧
・青木 "クロムダーツ"
・安部 "ブロック崩し"
・上田 "Kinectでリズムゲーム"
・神之門 "AlbaSim"
・藤野 "青鬼VR"
・平谷 "Kinect Stadium"
・松井 "Leap Bowling"

空を飛んでいます
Google CardboardでVRゲーム
LeapMotionでボーリング

各作品のデモ動画はYouTubeチャンネルSENSbitにて順次配信していきます。ぜひご覧ください!

優勝作品に選ばれたのは"AlbaSim"と"青鬼VR"でした。受賞者には佐藤先生から作品テーマに合わせた豪華賞品が贈られました。



2017年5月29日月曜日

佐藤研究室春の遠足

佐藤先生、岩井先生、松倉先生のフル参加のもと、佐藤研究室の全体行事として、5/28に兵庫県三田市のしい茸園 有馬富士へ遠足に行ってきました。椎茸狩りと、イワナ釣りを楽しんだ後は、大自然の中でBBQを行いました。最後には、レクリエーションによってチームで競い合い、体を動かしました。
集合写真「椎茸ゲットだぜ!」 前列左端の佐藤先生はカープ黒田Tシャツ
椎茸刈り!!楽しいたけ
釣りで腕がつりそう
黒毛和牛BBQ
レクリエーション
Dチーム 優勝おめでとう!

超域リーディングプログラム生来訪

5/26に超域イノベーションリーディングプログラムの一環で、佐藤研究室に超域生(M1)が基礎工学研究科に研究室エクスプローラに訪れました。佐藤研究室からは、別のリーディングプログラムであるヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム生の竹澤、田辺、峯の三名が研究のデモンストレーションを行った他、リーディング生同士で討論を行い交流を深めました。

説明される岩井先生
超域生に研究デモをしているヒューマンウェア生

2017年5月27日土曜日

M2 菊川、M1 河原、佐藤、田辺、刀根、萩野、峯がSCI'17にて発表

5月23~25日、京都テルサにて、第61回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'17)が開催され、M2の菊川、M1の河原、佐藤、田辺、刀根、萩野、峯が口頭発表を行いました。
それぞれ無事発表を終えることができ、また河原と峯はSCI学生発表賞を受賞することができました。
お疲れ様でした。
  1. 佐藤貴俊,岩井大輔,佐藤宏介,"複数台のパンプロジェクタを用いたハンドヘルド型投影システム","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),112-2 (3 pages),2017
  2. 刀根大樹,岩井大輔,日浦慎作,佐藤宏介,"投影対象内の導光路を同時に3D印刷するアクティブマーカによる動的プロジェクションマッピング","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),112-3 (3 pages),2017
  3. 峯隆太郎,岩井大輔,日浦慎作,佐藤宏介,"非平面プロジェクションにおける画素密度均一化のための光路透明層の形状最適化","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),112-4 (4 pages),2017
  4. 河原拓海,岩井大輔,佐藤宏介,"投影輝度向上および利用者との衝突回避を目指したプロジェクタドローンの動的配置","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),132-1 (3 pages),2017
  5. 菊川剛,岩井大輔,佐藤宏介,"バーチャルハンドを投影するテレプレゼンスロボット","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),132-4 (5 pages),2017
  6. 萩野和音,岩井大輔,佐藤宏介,"3Dプリンタ出力への静電容量方式マルチタッチセンサ埋込みにおける電極配置に関する研究","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),142-4 (6 pages),2017
  7. 田辺育暉,浅井唯貴,榎本龍一,上田雄太,岩井大輔,佐藤宏介,"身体拡張インタフェースにおける非操作手への触覚呈示機構に関する研究","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),142-5 (6 pages),2017

2017年5月17日水曜日

松倉悠先生ウェブページ公開

新任の 松倉 悠 先生が研究ウェブページを公開されました。
松倉 悠 ウェブページ

2017年4月13日木曜日

Welcome Party at 4/6

4/6に新B4との顔合わせ会と歓迎会が行われました。
今年は7名のB4が佐藤研に加わりました。
新しいB4の方々は皆個性的な人々ばかりで、我々上回生も身が引き締まる思いです。

顔合わせ会の様子
歓迎会の様子

2017年4月7日金曜日

佐藤先生の押しキャラ判明

新B4歓迎コンパの席で、佐藤先生の押しキャラが判明しました!

  • 暁美ほむら(まどか☆マギカ)
  • 御堂筋 翔(弱虫ペダル)
  • ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)
  • ノンナ(ガールズ&パンツァー)

「『まどマギ』は文学を超えた神アニメ」
「希望よりも熱く 絶望よりも深いもの … それは研究」

だそうです。

2017年4月3日月曜日

松倉 悠 助教が着任されました

嗅覚インタフェースが専門の 松倉 悠(まつくら はるか)助教が、佐藤研に着任されました。オフィスはD554室です。

2017年3月24日金曜日

電子情報通信学会総合大会での発表

B4竹澤くんが、電子情報通信学会総合大会@名城大にて研究発表を行いました。

  • 竹澤拓朗, 岩井大輔, 佐藤宏介, 原利宏, 村瀬健二, "自動車内装デザイン設計支援のためのプロジェクション方式複合現実技術を用いた表面質感操作システムの構築," 電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-11-46, 2017.

2017年3月22日水曜日

佐藤研学生カルテット受賞

卒業、修了にあたり、佐藤研から4名の受賞者が出ました。

  • B4 河原 楠本賞
  • B4 萩野 基礎工学部賞
  • M2 浅山 基礎工学研究科賞
  • M2 上田 システム科学領域賞

河原源太基礎工学部長より基礎工学部賞を授与
河原源太基礎工学研究科長より基礎工学研究科賞を授与

2017年3月17日金曜日

M1 榎本 AH2017にて口頭発表

3/16~18、Samsung Research Americaにて開催されたAugmented Human 2017(AH2017)にて、M1 榎本が口頭発表を行ないました。

発表の様子

  • Yuta Ueda, Yuki Asai, Ryuichi Enomoto, Kai Wang, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato. 2017. Body Cyberization by Spatial Augmented Reality for Reaching Unreachable World. In Proceedings of Augmented Human International Conference, Silicon Valley, CA USA, March 16–18, 2017 (AH ’17), 9 pages.

また、滞在中に佐藤研究室OBの徐 会川さんにお会いし、Apple Campusを案内していただきました。

2017年3月11日土曜日

第六回サイエンス・インカレ

筑波大学で開催された第六回サイエンス・インカレにて、B4峯が口頭発表を、B4河原、B4佐藤、B4刀根、B4萩野がポスター発表を行いました。

会場となる筑波大学

ポスター会場の様子

  • 河原拓海
    ”投影輝度を考慮した自立飛行プロジェクタのための動的配置”
    第6回サイエンスインカレ研究発表会要約集,No.223,p.175,2017
  • 佐藤貴俊
    ”全方位プロジェクションマッピングのための複数台プロカム補正”
    第6回サイエンスインカレ研究発表会要約集,No.222,p.174,2017
  • 刀根大樹
    ”3Dプリンタ出力アクティブマーカによる動的プロジェクションマッピング”
    第6回サイエンスインカレ研究発表会要約集,No.220,p.173,2017
  • 萩野和音
    ”3Dプリンタ出力への静電容量方式マルチタッチ計測機構埋込みにおける電極の最適配置”
    第6回サイエンスインカレ研究発表会要約集,No.140,p.93,2017
  • 峯隆太郎
    ”透明マテリアル埋込みによる非平面リアプロジェクションの解像度・輝度均一化”
    第6回サイエンスインカレ研究発表会要約集,No.37,p.42,2017

2017年2月27日月曜日

最新VRデバイス没入時質感再現性調査会

本日は、SONYの最新のVR技術を調査する準備として、PS4を研究室に導入しました。

HMD型VRデバイスが届き次第、そのVR空間没入時の質感再現能力の心理調査を行って参ります。次回に乞うご期待!
写真はVR体験のイメージです

P.S.
HMD型VRデバイスの導入も完了いたしました


2017年2月22日水曜日

IEEE Kansai Section Student Paper Award受賞

昨年9月に博士号を取得されたPunpongsanon(現MIT博士研究員)が、IEEE Kansai Section Student Paper Awardを受賞しました。受賞論文はIEEE ISMAR 2015にて発表した以下の論文です。
Parinya Punpongsanon, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "SoftAR: Visually Manipulating Haptic Softness Perception in Spatial Augmented Reality," IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (Proceedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality), Vol. 21, No. 11, pp. 1279-1288, 2015.

2017年2月3日金曜日

節分

本日は2月3日節分です。去年に引き続き、佐藤研でも恵方巻を食べました。
今年の恵方は北北西の方角になります。
恵方巻を食べた後には、炒った大豆も食べました。ごちそうさまでした。

2017年1月24日火曜日

M2 北嶋・青木 SIG-MRにて口頭発表

1月19,20日に、京都大学 百周年時計台記念館で開催された、第51回 複合現実感研究会 (SIG-MR)にてM2の北嶋、青木が口頭発表を行ないました。

北嶋発表の様子

青木発表の様子


1.北嶋友喜,岩井大輔,佐藤宏介:"光センサを用いたレーザプロジェクタの走査計測に基づく位置・姿勢推定", 第51回 日本VR学会複合現実感研究会(SIG-MR),vol.2017-CVIM-205, no.10, 2017.
2.青木芽衣, 岩井大輔, 佐藤宏介, "視温覚融合投影インタフェースにおける適切な温覚刺激呈示方法の検討," 第51回 日本VR学会複合現実感研究会(SIG-MR),Vol. 2017-CVIM-205, No. 43, pp.1-6, 2017.